読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mulkの日記

ざっくばらん

ジャネットのライブに行ってきた件

最近映画系が落ち着いてきたこともあって、ライブに行ってきました。ジャネットジャクソンはリズムネイション1814からのファンでしたが、ここしばらくのアルバムは聞いていなくて、14年ぶりの来日と聞いて、わー行きたい!と思いながらも、さいたまスーパーアリーナかぁ、とか、最安で一万とか高いよなーとか、つまんないことでうじうじしながら様子を見ていて、やっぱ後悔するのはやだ!と思って当日券入手して行ってきましたよ。

JANET JACKSON | UPCOMING ARTIST | CREATIVEMAN PRODUCTIONS

当日の様子はインスタで結構あがっているので現場の臨場感などは垣間見えるかもしれません。

www.instagram.com

内容はほぼメドレーかと思わせるほど30曲以上のセットリストだとかで、ジャネットのすごさと歴史を感じる事ができます。

あ、ジャネットのすごさは最近では西寺ゴウタのラジオの書き起こしなどを読んでいただけるといいと思います。

ライブ行った人の書き込みをみている限り、ジャネットのダンスのキレを評価する人が多いようなんですが、それもそうなのは彼女は今現在49歳とのこと。確かにjanet.ツアーの頃(当時みにいった)と何ら遜色なかった。時間が経過している事をまったく忘れていました。ジャネットらしく、ワイルドで大胆で、でも繊細で女性らしいところ。相変わらずでした。

特に私が好きなのは中盤のメロータイム。バラードも名作が多いのですよ。本当に。声がきれいですからね。あと、大好きなダンサータイムthrobの時と、blackcatからscream、if(ここのインベーダーダンスは未だ冷静に観れないほど)、rhithmnationへとラストへ向かう怒濤のセット。鳥肌が止まりません!!

興奮が高まると、なぜか泣けてきます。そう、感動の先には涙があるんです…

最後に「また会いましょう!」っていっていたのを忘れない。次があるなら、一番いい席を買おうと心に決めました。もう私の今後の目標と言ってもいいくらい。

ジャクソン家に生まれた運命で彼女の中に葛藤があった話は有名ですが、来年マイケルと同じ年になることもあり、ここにきて兄の魂も含めてジャネットが背負っていくんだという確信にもとれる今回のライブ。私はたかだかさいアリに行くことの何をためらっていたのだろう。べつに北海道とかなわけじゃねえのに。今振り返ると本当にそう思います。深く反省するとともに、今後もジャネットを応援し続ける!

ジャクソン家の悪いところは一度スイッチ入るとずっと映像観たくなっちゃうところ。amazonで過去ツアーのDVDを買ってしばらく浸ることにします。秋らしく。