読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mulkの日記

ざっくばらん

大人の同窓会?が楽しかった話

 まったくどうでもいいお話なんですが、もう10年以上前一緒に飲んだり遊んでたメンバーの一人が結婚するっていうので、お祝いにいったんですがそれが異常に楽しかった件。

友人である新郎との出会いは社会人になってからで、私が当時ある会社に勤めていたとき彼はすでにそこを辞めていて、まだ会社に在籍してた人つながりで知り合ったのですが、同い年で遊び盛り世代だったこともあり、わりと連日連夜飲み会という名の合コンを繰り広げていました。彼の友人ネットワークと私側の友人ネットワークでキャンプいったりロックフェス行ったりしてほんとに子供のごとく遊んでいた。かたや、みんなお年頃だったし、特に女性サイドは本気で結婚につながる出会いを求めてあせってたんですがね。。

人の出会いは流動的なもので、数々の飲み会きっかけでカップルになったり、別れたりとかがちょいちょいあったり、たまにしか顔出さない人もいれば、どこにいても合コンと聞けば即来る人もいたり、いろいろごたごたしながらも、彼の周辺の友人関係はとにかく絆が強く、異常に女好きなんだけど性格はいい人たちで。そんなだから、ずーっといい年まで結婚とは縁がなく、その居心地の良さに浸っていたんだと思います。数をこなしてるから女性慣れしててつきあいやすく、なんだかんだいいつつも、私もつい友人を誘って彼らとよくつるんでいました。

で、女性陣は私も含め彼ができたとか結婚だとかでだんだんと疎遠になっていって月日は経ち、ほんっとに何年かぶりに彼の結婚を機に懐かしメンバーに再会することに。私らは絶対孤立するだろうなと思ってたけど(女3人だったし)結婚パーティに勇気をもって参加。声をかけてもらってうれしいし、なにより祝いたかったから。

新郎友人グループがチームワークで場を盛り上げてたんだけど、お祭り好きなだけに客人たちはみんな楽しそうだった。孤立して当然であろう私たちもとても楽しかった。末端の少人数女たちが楽しいって結構なホスピタリティよね。

そもそもうちらってなに出会いだっけとか、お互いの関係性ってなんだっけ? という話をしてて、いろんなことを思い出したり(忘れてることほんと多かった)して、あ、この人に昔押し倒されかけたなwとか、この人キャンプで川に流されてた人だwとか、まるで当時に戻ったような気分になりました。学校の同窓会なんて出たことないけど、こういう感じなのかなあ。

みんな大人ですから、バツがついてる人もたくさんいたんだけど、いろんな修羅場の話とかも聞けて面白くて。会社の付き合いじゃないからってのも大きいのかな、利害関係がないとほんとに純粋に楽しくなっちゃう。なんかうまくいえないが仲良くしててよかったし、出会ってよかったよ。思えばわがままとかもたくさん聞いてもらったと思うし(あまり思い出せないけど)人付き合いが苦手な方なくせに異性の友達が欲しかった私にとっては理想の人たちだった。お互い結婚となると昔のような付き合いはできなくてさみしいけど、感慨深すぎる。一晩経って、今これを泣きそうになりながら書いてます。

むかーしの付き合いがこういう経験を経てよりありがたく思えたり、楽しく感じれるって改めていいものなんだなと思ったので、これからも苦手と言わずに心をオープンにして人と向き合っていこうと思う。ほんと年寄り臭いですが、またこういう気分を味わいたいですからね。

ほんとに大人最高。あと残ってる独身組はいっそのこと貫いてほしい、寂しいから!